トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

インフルエンザで休校

インフルエンザが流行していて今日から日曜日まで小学校は休校。うちは二人とも元気だから暇を持て余している。あまりテレビなんかでは話題に登らなくなった気がするけど世間はどうなのかな?亡くなった方とかいるのだろうか?とにかくうちはこのまま何事もなく冬を越せるといいな。2~3年くらい前はひどかった。家族全員インフルエンザにかかり下の子が喉頭炎を併発して緊急入院。命まで危ない状態だったにもかかわらず軽井沢のお店は管理されているため絶対に開けなくてはならず、バイトの方々も毎日はできないので私が行かなくてはならず、付き添いで病院に寝泊まりしてそのまま仕事に通っていた。自分自身もインフルエンザだったためふらふらな状態だった。でも家事が苦手な私としては帰ったらすぐお食事をして大好きな子供と一緒に寝るだけの一週間は結構楽ちんだったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい大雪

全国的に大荒れだった週末、ここも森の中だというのに風が結構あって夜は少し不気味な雰囲気でした。村では警告などの放送が何度かあり出かけられない状態だったので、子供達は前から設置してあるかまくらを更にビックに!そこへ耕也君が入口からトンネルを付け加えたので、声をかけても聞こえないくらい奥深くなってしまいました。中でココアを飲んだりラーメンを持って行って食べていました。これは春先になってもしばらくはここだけ雪が残りそうだな~

Cimg4045

Cimg4062 学校指定ヘルメットが大活躍!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の病

このブログを開いたもう一つの理由は、主人である耕也氏の心の病について正直に書ける場がほしかったこともあります。以前ホームページのほうにも載せていたのですがホームページを見ている方の中には純粋に作品だけの情報がほしい方もいます。ですからあまり感情的な内容にはひいてしまう方もいるような気がしたのです。

うちには2人の息子がいますが一人はまさに思春期に入ってきており反抗的な態度にかなりムカつくときもあります。しかし耕也氏のことを考えると”まてよ・・”と少し冷静になることができるのです。幼少時代からずっと抑圧され否定的に育ってきた彼は自分自身を認めることができず感情のコントロールが難しいのです。人間が大人になるために自然と身についていく情や自分の意志などすべてが暴力や暴言によって成長を止められてしまったのです。簡単に言うと反抗期の子供のままです。ですから人の言動には大変敏感で、自分が下に見られているのではないか・・認めてくれていないのではないか・・それがつねに頭をよぎります。いざ怒りのスイッチが入ってしまうと相手も自分もとことん傷つけます。そしてそのあとはうつ状態に入ってしまいます。甘えと言われればそれまでですが生活するとなると本当に難しい問題です。例えばそんな自分自身を開き直れればさほど問題はないのですが、7年くらい前にお姉さんが亡くなってからはいつも自分を責め苦悩しているのをみると長くかかりそうに思えます。本人は作品作り以上に重要なこととして毎日を過ごしてしまうのですが、それを軽く受け流されたりすると深く傷ついてしまいます。ですからだんだんと人と会うのが苦痛になってきてしまったのです。私自身も最初はそれほどハードにとらえていませんでした。しかし自分の子育てと照らし合わせたりそのような悩みを抱えている何人かの方に出会ったりするうちに本当は大変重要なことなのではないだろうかと考えるようになりました。今後はこのブログを通じて彼のことなどもいろいろ正直に書いていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分転換

家から車で30~40分走ると尻焼温泉に行けます。その間草津温泉も通るのですがかなりお湯が熱いのと硫黄がきつくて長湯ができないのです。家族一緒にゆっくり楽しむには尻焼きが良いです。主人の耕也氏はこんなことで誘わない限りお休みしないのでリフレッシュさせる良い口実になります。尻焼きは川が全部温泉になっていて自然のままなので家族みんな生まれたままの姿で一緒に和めます。人が多いとちょっと照れるので私は少し暗くなってから入ります。

Cimg4025_2 Cimg4037 気温が高いせいか珍しくお湯も熱く帰るころにはこんな風になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の楽しみ方

Cimg3951_2雪が多いと大変なことも多いのですが子供達の夢中で遊ぶ姿には癒されます。早く春が来ないかな~・・と思うけど軽井沢のお店も始まってしまうしな~

Cimg3948

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理想の生活

Cimg3132_2 ”ここは別荘地”というと優雅な響きに聞こえるかもしれないけど生活するとなると結構過酷です。嬬恋村でもここは標高1500あるから夏は快適!冬は異常に涼しい(?)-20度くらいいきます。しかも家は夏のつくりだから隙間風スースー・・・でも主人である耕也氏が改造した薪ストーブと夜空の星の美しさ、すべてこの森の中の生活を家族みんなが共有し合える”こんな生活がしたかったんだな~”とふとCimg3884 思うときがあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年3月 »