« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

先生

長男春夏の転校前の担任だった女性の先生から手紙が届いた。前に春夏の中学入学のお知らせのはがきを送ったのだが、その葉書に春夏にとって転校はつらいものだったが乗り越えられたことを書いた。届いた封筒には私宛てと春夏宛てに2通が入っていた。最初に春夏宛てのほうを読み涙が出てきてしまった。先生はいま退職されて外国人に日本語を教えるボランティアをしているそうで、先生が思うことは”顔かたちが違っても言葉が違っても肌の色が違っても人の心は同じということです。みんなやさしく温かく教えることより教えられることのほうが多いくらいです”と書いてありました。私は先生というご職業は一生先生なのかもしれないと思いました。たとえ教壇に立っていなくてもこのような形で子供に何かメッセージを残してくれる先生を春夏は決して忘れないだろうと思います。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年の性

最近”光市母子殺人”の死刑判決のニュースが頻繁に流れている。私自身あの本村さんの理性的で冷静に語る姿勢には本当に感心させられるし、もしかしたら社会のために選ばれてしまった人なのではないかとも思ってしまう。本当にいろいろな心情を考えると家族の分まで幸せに生きてもらいたい気持ちです。

被告の少年の幼少期の環境によって作られた歪んだ人格なども弁護人は時々話していました。人間は、特に少年は性についての欲求がどんどん深まっていってしまうと思います。それが自然で大人になっていくことだと思います。でも人間はただの動物と違いそこに理性があったり愛という感情も生まれたりして性に結びついていくものだと思うのです。その理性や愛情というのは一番は家族の中で育っていくものではないかと思います。その家族の関係が希薄だと本当に不幸だと思います。ただ幼少期に大人によって作られた自分自身が望まない人格で失望している方々を私は身近で見ています。でも人を殺すことはしない。どんなに不幸な生い立ちだろうと償うべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい食事

最近は日に日に気温も上がってきたので薪ストーブでは結構な暑さになります。夕食時は暑くて創ちゃんはこんなにパワーみなぎる気合の入ったお食事になりました。賑やかで楽しいひと時です。

Cimg4603 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耕也氏ダウン

今日耕也君はダウンした。今オーダー製作しているのだけど体調崩していたのにやはり酷使してしまうのはいつものこと。本当に彼は働き者だと思う。妻の私が言うのだから説得力があると思うな。彼の製作に対する貪欲さは自信のなさから来ているのだけどそのスタイルがこれからもすばらしい作品につながっていくのだろうな。

Cimg4514 ただ今からくりオブジェ製作中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入学式に思うこと

昨日は長男春夏の中学の入学式で意外にも感動して帰ってきた。ブラスバンド部の演奏の音とともに体育館の扉が開き二人づつ並んで登場してきてお辞儀をして入場する。そのブラスバンドの演奏がまた素晴らしく西関東大会ではいつも金賞だそうだ。下手に今はやりの音楽をかけるよりよっぽど深みがありジンときた。そして同級生も上級生も本当に素朴で純粋な雰囲気だ。春夏は背もぐんぐん伸びて声変りもして今思春期に入っている。今まで親の都合で転々としてきてつらい思いもさせてきたが、難しい時期をこんな環境で過ごせるとはうれしい。卒業式もいろいろな思いで涙涙だったけど入学式は純粋な子供たちに背中を押されるような感動だった。群馬に来てよかった。嬬恋村に来てよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の事件に思う

最近とても家族間の痛ましい事件が多くなった。特に子供にかかわる事件が多い。そのたびいろいろな思いがよぎる。自分の子供への想い・・耕也君の抱えている心の病について。 たぶん親子間の問題も昔からいろいろあるのだろう・・いろいろ・・でも昔は逃げ道はあまりなかった。今はいろいろある。親といたくなかったらこもる部屋がある。(夫婦も同じ)コミュニケーションとる努力をしなくてもメールがやってくれる。携帯一つで家族間でも個人情報が守れる(?)私が幼少時代は裕福ではなかったから部屋数がなかった。だからすべて筒抜けで親の夫婦喧嘩から仲直りするまでしっかりと聞かされるし、兄の思春期も、私の部屋と家具で半分にしていた部屋(居間から部屋に入り出口があるような部屋でぐるぐる回れる家だった)に兄は針金のハンガーでガチャガチャと鍵を作り出した。居間でガチャガチャという音だけを聞いていた母親と父親と私。いつも怖い父親は「ほっとけ・・」とぽつりと優しく言っただけだった。今私の上の息子はその頃の兄と同じくらいの歳・・なんだか思い出してしまう。

今の時代はなんでも平等や権利が強く言われている時代です。男女平等や夫婦間など・・しかしすべての人が平等と権利ばかり主張していたら争いばかり起こってしまうと思う。恵まれた日本の中で主張できるというのは最低限の生活は確保しているからこそだと思うのだけど、本当にひどい状況でない限り相手を称えていればいつか自然と認めてもらえる気もします。世の中いろいろ社会の中でも理不尽なことは多いと思うから一概には言えないけれど、社会は厳しいからこそ少なくとも家族の中で主張し合って不仲にはなりたくないものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年時代3

Cimg4273 Cimg4269宿泊した4人は2日目もお風呂に入りたいというのでお水を入れ替え焚き直し。

気温が低いのでなかなか温かくならず最初は寒そうだったが二男の創ちゃんのお友達もきて各自好きなように森の中を満喫していた。 本当に子供はかわいいな~ Cimg4277

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »