« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

変わらぬこと

先日ひかりテレビで三丁目の夕日をやっていたので2話続けて観た。
これで観たのは何度めだろうか。
何度見ても同じところで泣けるから子供は横で呆れている。
生活が便利になっていく感動はどんどん薄れていくから、実生活の中で物の大切さを伝えるのは難しい時代になってきてはいるけど、愛する気持ちは
いつになっても伝えることはできるんだよな。
1話の方で子供二人が遅くに戻って、思い切り殴られたシーンがあった。
幼いころ私も友人と友人の犬と思いっきり海で遊んで7時頃戻った。
父親が家の前を行ったり来たり、そして思い切り殴られた。「何やってんだ、こんな時間まで」父は少し涙ぐんでた。
そのあと一緒にお風呂に入って砂を落としてくれたのを思い出した。
父親は高校生の時病死してしまった。
あ~涙が止まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎の事件について

川崎の事件はひどすぎる。
被害者の御母さんの気持ちを思うといたたまれなくなる。
以前東野圭吾の「手紙」という小説を読み、その犯人側の家族も苦しんでいた
”贖罪(しょくざい)”ということを考えさせられる。もし少年法が変われば、加害者の家族や周りの人たちも苦しむことになってしまうかもしれないが、加害者が今度はその自分の肉親の苦悩を知り、苦しむことで初めて被害者や被害者の家族の辛さを知り、本当の意味で償うことになるのではないか、日本はこのような許せない少年犯罪でさえも法で守られている。考える時が来ているように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »