« 久々の更新です | トップページ | »

出会ってから、彼のこのひたむきな姿は何度となく見てきた。

人の価値観はそれぞれかもしれないが、私はどうしても彼のこのひたむきな姿に弱い。

たぶん夫婦は時がたてば、空気のようになり、または家庭の中で敬遠していたり、だんだんとそうなってしまうケースが多いのかもしれない。

彼の嫌なところも私の嫌なところもいっぱいある。

それでも、夫婦は最期の時まで消えることのないこの些細な”何か”で信頼は続く気がする。

以前違う町に住んでいるとき、家の排水がおかしかった。

すぐ隣にある会社の社員が、ラジオ体操をする姿を毎朝御勝手から見ていたが、なぜかうちのそのお粗末な配管口は、そのラジオ体操をしている傍に設置されていた。

その会社はうちとは無関係だったが、大家さんが同じだった。

ある日早朝に彼が血相をかいて「配管から汚物漏れてる・・」といいに来てそのまま走って行った。

窓から様子を見ていると、工場内で一人右往左往焦っている。

見に行ってみると、ものすごい勢いでうちの汚物が噴出していた。

それからはラジオ体操の人たちが来たらまずいと二人でモップやほうきなどでしばらく悪戦苦闘。

もうこれはしょうがないから業者に来てもらおうか、と思っていたら、彼が素手でタオルに汚物を湿らせてバケツに絞ってを繰りかえしていた。

この時つくづく(かっこいい・・・)と思った。

その日の朝、窓から見える工場内の社員たちは皆笑顔だった。本当によかった。

息子たちがまだ幼いころの話なので、年頃になってあらためて話してあげた。「なかなか真似できないよね~」というと真顔で「できない」とクール。

そう、私が良ければいいのだな。

今日も彼のひたむきな作業は続く。Dscn1123

|

« 久々の更新です | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508247/63895622

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 久々の更新です | トップページ | »