日記・コラム・つぶやき

ストーブ稼動しました

森の中の葉っぱも赤く色づいてきました。それとともに朝晩は冷え込みストーブなしではいられなくなってきてしまいました。子どもたちも時々ですが手伝ってくれます。子供たちいわくストレス解消にもなるようです。

Cimg8005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日

昨日仕事を終えて帰宅すると春夏と創人の”おめでとー”おめでとー”という声と耕也君の手料理の匂いで迎えてくれた。昨日は私の誕生日。毎年ちょうど忙しい時期なので朝まですっかり忘れていた。やはり耕也君は本当に器用な人だ。5分で作ったというケーキの写真を載せちゃおう。スポンジ部分はよくスーパーなんかである”スペシャルイチゴ”というものを利用して作ったらしい。お世辞ではなく息子二人も買ったのと何も変わらないというほど味も最高でした。私はなんて幸せ者なんだ~ありがとう!

Cimg4699 Cimg4701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

露天風呂の氷

うちの裏にある露天風呂の中をのぞくと厚い氷が張っている。ここまでくると無理にでも割らないとお風呂自体おかしくなってしまう。早速耕也君と下の創ちゃんが一緒に氷を破壊。ここは本当に寒いので全部溶けるまではまだまだ時間がかかりそうだ。

Cimg4226

Cimg4220_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼の作品

耕也氏が9年くらい前に作ったこの顔オブジェ・・なんだかいつもいきなりパチッと眼を開きそうな感じがする。自宅にはたくさん彼のオブジェが飾ってあるがこれは特別そんな気がする。もともと彼は毎日リアルな夢を見たり(それを毎朝のように事細かく説明をする)不思議な体験もしたりする。以前車に乗っている時また夢の話をしだした。それは彼のお姉さんががんで亡くなる夢だというのだ。その時はそんなことがあるはずがないと笑っていたが、それから2~3ヶ月後彼の実家から「お姉さんががんの末期で余命半年と宣告を受けた」と電話があった。それから約半年後本当に帰らぬ人になってしまったのです。7年前のことです。それ以来自分の中の自分を深く見つめるようになってしまって、時にはつらそうですが彼の作品のアイデアは尽きず毎日のようにノートにスケッチをしています。私自身彼の作品は全部取っておきたい気持ちなのですが求めてくれるファンの方々がいるので仕方がありません・・じゃなくてありがたいと思います。やはりこれからも存在感のある作品だけはずっとキープしておきたいと思っています。

Cimg4114 

| | コメント (0) | トラックバック (0)